aboriginal legend-01
 
泰雅族【射日傳說】
太古時候,天上有兩個太陽,天氣非常酷熱,兩個太陽輪流出沒,沒有晝夜之分,人民的生活困苦萬分。
於是有勇士三人,攜帶乾糧用品,各自背負一嬰孩一同出發。到太陽去的路是如此遙遠,走到三人都變成老人,並相繼死去,嬰孩們卻都長大並繼續前進。
最後終於到達太陽之處,隔日黎明,見太陽出來了,三人引弓急射,過程僅有二人倖存。回到村中,二人已變成白髮駝背的老人。於是那時候起,開始有晝夜之分了;我們在夜裡看到的月亮,便是被射下的太陽。
 
 
ATAYAl Ethnic Group【Legend Of The Suns】
In Archeozoic Era, there were two Suns, so it was very hot at that time. Two suns rose and fell in turn. There was no night, so people had a very hard life.
At last, they reached the sun. In the dawn of the next day when the sun rose, the three shot the sun immediately. Only two of the three survived and returned to the village when they got older with silver hair and hunch back. Since then there were days and nights. The moon seen by us at night is the sun shot in the story.
 
 
タイヤル族【太陽を射て伝承】
太古時代、太陽は二つがあった。日夜がなく、順番に出没、非常に生活苦しくて、極暑であった。
そして、族人の中に壮健な三人の若者を選んで、それぞれに赤子を背負わせた。太陽に向かう道を止まることなく前へ進み続けたが、日の出の場所に着く前に三人とも白髪になって死んだ。残ったのは最初背負っていた赤子たちである。

彼らが歩き続け、日の出の場所に着くと急いで弓を引き、最後一人が死んだ。残り二人が家に着いたときには白髪の老人になっていた。彼らが太陽を射た後から、昼と夜が分かれた。現在夜に出てきた月がそのとき射ていた太陽であった。

 
 
本圖文所有權為綠芽創意有限公司,未經授權禁止轉載。

land logo-01
充滿想像與趣味的插畫創作,以台灣原住民族的傳說故事作為插畫主軸,拋開既有的嚴肅議題,保留傳承的豐富涵養,無憂無慮的徜徉在故事的畫面裡古老傳說與天馬行空的結合。各種商品的延伸 將珍貴的文化輕鬆地融入在生活之中。